月見草が効果的な症状は?

 

月見草の効能って何? 

 

70,000年前にはすでに中央アメリカで自生していた植物です。その後人間の生活に密着し、皮膚を健やかにすることや、身体の不調の改善などの使われていたようです。日本には幕末の時期に伝わりました。

 

月見草の種子には、リノール酸とγ-リノレン酸が多く含まれていますので、コレステロール値の改善、動脈硬化や糖尿病のなどの生活習慣病の予防などに有益であると言われてます。

 

そのほかアトピー性湿疹や荒れ症など、肌に対しても良いアプローチがあるとされています。しかし近頃では女性のpmsにも効能があると、サプリなどが2chで話題になっています。pmsは多くの女性が抱える悩みで、人それぞれ症状や重さが違います。効果を感じられるサプリもまた、人それぞれといった傾向にあります。

 

なぜ月見草がpmsに効果があったと言われているのか

 

月見草は薬ではありませんので、その薬効をうたうことはできません。

 

しかし古くから民間の中で何らかの体感を得ながら、今に伝わっている効果はあります。それがなぜかを解明するために、その成分などを今の科学で調べると、納得できるような結果が得られるものです。

 

月見草の場合にも、種子にリノール酸やγ-リノレン酸が豊富ぬ含まれていることで、そのホルモンバランスを整える効果から、2chに寄せられる「pmsの改善や軽減に役立った」という意見が思い込みではないことがわかります。

 

ましてやγ?リノレン酸は、生活の中では摂取しつらいものです。年齢を重ねるごとにそれを合成する力も弱まります。サプリを利用して摂取することで、明らかな改善があったと感じる人は多いものです。

 

どのくらいの量を飲んでいるのか

 

「pmsが明らかに軽減された」という人は、大体1日に3g程度を目安に摂取し、3カ月程度で明らかに違ってきたと感じた人が多いようです。

 

その中でもイライラや不安定などの、気持ちの部分においてはもっと早く「飲み始めて1カ月も経たないうちに、前向きな自分に気が付いた」という話も少なくありません。早い人では「2週間で明るい気持ちになれた」といっています。

 

発疹などや糖尿病の疲れを改善するために飲んでいる人は少々多めの4gから8gを目安にしているようです。こういった自然由来のものの体感は個人差が大きくでますが、大体6か月程度は続けてから判断した方が良いとされています。

 

画期的な効果があるものは、副作用にも留意しなければならないものです。体感が緩やかであることは、それだけ安全な「食品」だと考えられています。