pmsも個人個人で表れ方が違う

 

 

pmsというと不快感ばかりを連想しがちですが、生理前2週間の間に生理が理由で起こる心と体のトラブル全てがpmsです。イライラや下腹部の痛み、頭痛などを訴える人が多く、その症状の緩和はどのようにしているのかが、2chでも話題になっています。

 

しかしその中には生理前の猛烈な食欲と体重増加への対策なども話題に上がっています。

 

特に「甘いものが食べたくなる」「おなかが減っているわけでもないのに食べたい気持ちがおさまらない」といった意見が多く見られます。ダイエット中の人は、生理の都度に元に戻ってしまうなんてこともあるようです。

 

これはひとえに月経前から多く分泌されるようになる黄体ホルモンの影響です。生理中は様々な方法で、栄養不足を補うとします。黄体ホルモンは分泌されたことによって、対策の必要性を身体は感じます。食欲もその一つです。

 

疲れや不足を補うための食欲

 

疲れると甘いものが欲しくなります。

 

生理前は生理に追って失われるであろう血液などを事前に補うための準備を始めます。そのため普段より多くの水分や塩分を蓄える上に、代謝もできる限り遅らせ、そのエネルギーも生理による消耗や補充に割り当てる必要があります。

 

疲れてもいますので、甘いものが欲しくなるのも当然です。生理前の体重増加はそのほとんどが水分であり、太るわけではありません。

 

体脂肪には影響がないとのことです。2000ml近く水分量は増えると言われ、2キロ程度増えても問題なく生理の後は減るものです。しかし2chなどで見る深刻な太る悩みは、甘い物の取り過ぎなどによって水分以外でも体重を増やして太る人に見られます。

 

無理にそれを抑えると生理に影響が出てしまい、不順や無月経を招くことになりかねません。利尿効果があるサプリもお薦めできません。

 

バイオリズムを利用してダイエットすると効果的

 

pmsの影響で生理前に太ってしまう人は、痩せやすい時期も顕著です。

 

生理前に食欲が増して痩せにくいのと反対に、生理後の1週間から10日間程度は身体作りにエネルギーが使われる時期です。ダイエットの効果も大きくなりますし、「サプリを飲んでいる効果も体感しやすい時期」と言われています。

 

これが「いわゆる痩せやすい時期」です。2chの中で生理前に太りやすい人がダイエットに成功した話には、このバイオリズムを利用したものが多く、体重も良くもあまり違いがない人に比べて成功率が高く効果も大きいといった感想が多く寄せられています。

 

これだけ極端に表れるからこそ、ダイエット効果も得られやすいという、生理前の食欲に悩んでいる人にとってはまさに朗報です。サプリと上手く合わせている人はもっと効果を感じているようです。