つらいpmsの症状と対処方法について

 

生理前になると、いつもきまって肌荒れをしたり、ニキビが出てきてしまう人やイライラや食欲が止まらない人、むくみや冷えの辛さが増す人など体や心に影響があるという人は多く、辛い期間が長く続くというひともいます。

 

生理前に気持ちや体の不調が現れるpmsは、女性ホルモンの変化によって症状が引き起こされるので、排卵から生理が始まるまでの期間、辛い症状に悩まされることになります。

 

病院に行って、ピルで治療することもありますが、症状が緩和するという人もいれば、効果を感じなかったという人もいるようです。

 

また、pmsの症状がつらいので、サプリを飲むという人もいますが、効果を感じていても、何が効いているのか良く分からない、という場合も多く、特に気分のことは気の持ちようと思っている人も多いのが現状です。

 

pms対策のピルとサプリの特徴について

 

 

pmsの治療使われることが多い低用量ピルは、エストロゲンやプロゲステロンに類似するホルモンが含まれており、規則的に生理が来るようにする薬です。

 

服用することで女性ホルモンのバランスを整えることができるため、pmsや生理痛の症状に効果があると言われていますが、効果を感じない場合や副作用が出る場合があるので、医師に相談しながら慎重に使用する必要があります。

 

pms対策のサプリメントは、女性ホルモンの代謝や血行促進などの効果があるビタミンEや交感神経の働きを抑えるカルシウムやマグネシウム、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンなどに加え、血行を良くする生姜や高麗人参、女性特有の悩みに効果がある月見草エキスなどを配合しており、植物からつくられていることが多く、穏やかな効き目で安心して飲むことができます。

 

pms対策には、ピルとサプリどちらを選べばいいの?

 

 

辛い症状があっても、職場や学校では言いにくく、家族や親しい人との関係がぎくしゃくしてしまうこともある生理前の不調は、できるだけ症状を緩和させて、快適に過ごしたいので、病院に行ったり、サプリメントを試してみたりすることがおすすめです。

 

pms対策サプリは、効き目は穏やかと言われることが多いのですが、体の中から自然な形で不調を改善していく効果があるので、「飲まなかったらイライラがひどくて、効いてたって分かった。」「だんだんニキビができにくくなってきたから、続けて飲んでいたら、暴飲暴食もしなくなっていた。」という声があるように、じっくり効いて、調子を良くする効果が期待できます。

 

副作用などの心配もなく、安心して飲むことができるので、病院に行く前に試してみると良いかもしれません。