pmsを緩和するといわれるイソフラボンの補給について

 

pmsを緩和するといわれるイソフラボンの補給について 

 

月経前症候群であるpmsに、悩みを抱える女性は大変たくさんいます。生理前にお腹が痛くなる、腰痛がひどくなる、イライラや倦怠感、胸がはる、むくみやすくなるなどの不快な症状が特徴です。

 

巨大掲示板の2chにも、その件に関して話題が取り上げられていますが、対策法としてすすめられるものに対し、

 

  • 「イソフラボンを飲んでみたら生理痛は減ったのに、代わりに生理周期が乱れた」
  • 「特定メーカーの大豆イソフラボンが良いと聞いた」
  • 「イソフラボンを摂取したら、逆に症状が重くなった」

 

などの意見が見られます。

 

イソフラボンが評判を集めている一方で、不快な症状がなくならないことに不満を訴える人の意見も割と多く見かけられます。

 

イソフラボンの特徴を知って上手にpmsを回避しよう

 

 

そもそも、イソフラボンの摂取がすすめられているのは、ホルモンバランスを安定させ、pmsの体調変化を和らげるためです。

 

しかし、イソフラボンの摂取で体調が悪くなるのには、摂取の仕方に問題たあると指摘されています。

 

  • 「イソフラボンは黄体ホルモンの分泌を促すため、排卵に影響を与えやすい。生理中は摂取を控えるべき」
  • 「ホルモン系の摂取を間違えると、かえってpmsを悪化させる」

 

という意見があります。

 

つまり、イソフラボン自体は効果があるものの、摂取するタイミングや量に注意する必要があります。

 

 

最初は少量の摂取から初めて、pmsの改善が見られないなら、イソフラボンの摂取は控えたほうがよいでしょう。イソフラボン以外に、精神をリラックするさせるアロマ、ビタミンやミネラルのサプリメントに切り替えるなど、工夫をしてみてください。

 

こちらではpmsの症状を和らげるサプリメントを口コミの良かった順にランキング形式でまとめてます

 

ご参考まで。